風俗所沢へ農業土木コンサルタント

  • 投稿者 : xura545
  • 2013年10月31日 2:12 PM

所沢 風俗へ院長に問い合わせたんだが、似たような瓶が遺体保管室にたくさんあるらしい。溶媒として使われるそうだが、人を気絶させるのにも使える。ほんの一唄(か)ぎか二嘆ぎでいいんだと」忍垣体保管漣に入れるのは誰だ?」「誰でも。鍵はかかっていないそうだ」「冗談だろう?」「考えてもみるよ、風俗店の幹部。ほとんど使われることなんてない場所だし、使われてるときに入り込んで荒らそうなんて思うやつがいると思うか?」「犯罪捜査に灘わる場合は、鍵をかけて関係者以外入れないようにしてくれないと困るんだ」風俗店の幹部はペンでこつこつ机を叩(たた)いた。いっこうに手がかりを得られない苛立ちが胸の内でたぎっていた。ハルは黙っている。お分かりのとおり所沢じゃ風俗店の幹部はちらりと目を上げて彼を見た。こっちの負けだとハルまでが思っているのか。「指蓉紋は?。」「おまえのだけ」「マッチのほうは?。」ズピンクレディ〉ってのは、くつにいかがわしい場所じゃなかった。オマハのダウンタウンにある小さなバーだ。警察署の近くだから、そっち関係の客が多いらしい。ハンバーガーはオマハーだとジョディーが言ってた」「ジョディーが?。」「ああ。ここの前の勤務地はオマハだったからね。知らなかったのか?そうか、もうずいぶん前の話だからな・六、七年になるか」「あいつはどうも信用できない」つい口をついて出た言葉だったが、ハルの顔を見たとたん坐像悔した。「ジョディーが?それはまたどうして?」「さあね。いいから、忘れてくれ」頭を振り振り椅子から立ち上がったハルは、いったんドアへ向かいかけたが、何かを思い出したように振り仮向いた。「あのな、風俗店の幹部皇気を悪くしないで聞いてほしいんだが、ここにはおまえのことをそういうふうに見ているやつがいっぱいいるんだ」「そういうふうにって、どういうふうに?」風俗店の幹部は顔を上げた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。